スタッフブログ

今年の桜が咲きました!!

[2018.03.28]

例年に比べて

雪が積もったり爆弾低気圧の影響もあったりで

特別寒いと思っていたこの冬もどうにか過ぎ去り・・・

 

待ちに待った本格的な春が

公園にもやって来ました(^.^)

 

コテージ周辺もこんな感じです

 

みごとに咲いた「桜」

きれいですねーーーー❀❀❀

 

さくらH30.3.28-1-1.jpg image1.jpg

 

さくらH30.3.28-2-1.jpg さくらH30.3.28-3-1.jpg さくらH30.3.28-4-1.jpg さくらH30.3.28-5-1.jpg さくらH30.3.28-6-1.jpg

このページの先頭へ

今年は・・・雪ばかり

[2018.02.06]

今朝も雪景色です(*_*)

テニス(雪).jpg

公園内が真っ白になるのも何回目でしょうか。

珍しいと言っていられないほど降り積もっていました。

多目的(雪).jpg   多目的前道路(雪).jpg

歩いていても、凍っている所が何か所もありヒヤッとしました(+o+)

パターゴルフ場(雪).jpg  テニス場(雪).jpg 

雪が積もった後、車や人が通り圧雪された道は一段と危険です!!

今は溶けていつもの景色に戻っておりますが、陰などはまだ残っています。

早く春が来ないかな・・・と待ちわびるばかりです(*^_^*)

 

このページの先頭へ

身支度♪

[2018.01.26]

ここ数日最強寒波が日本に押し寄せてきております(+o+)

雪が積もるまでではないですが、肌が露出してる顔や手は風にあたると痛覚がなくなるぐらい冷たくなりますね。

 

事務所の前の木々達も寒い中、開花に備えて準備をしておりました(*^_^*)

うめ(1月末).jpg

ツバキ(1月末).jpg

何日か観察していますが、今は寒すぎて全く変化なしです(笑)

早くあたたかくなって綺麗な開花を見せてもらいたいです(*^_^*)

このページの先頭へ

* 真っ白です *

[2018.01.11]

まだまだ寒さが厳しい毎日・・・

今日は朝から雪がちらついていましたが、昼頃にはこんなに真っ白に!!

DSC00641.jpg

DSC00646.jpg  DSC00645.jpg

急に降り出したなと思っていたのですが、数分後には白銀の世界でした☆

昔は積もるとわくわくして外に出ていたのですが、今は雪を見ても・・・出る気になれません(*_*)

DSC00642.jpg    DSC00643.jpg

雪が積もった植木はいつもと違い、風情があっていいものですね(*^_^*)

このページの先頭へ

元気ですね~

[2017.12.27]

今日も風がすごく強く、一段と寒さを感じます(*_*)

 

そんな中、出勤すると・・・

29.12.27.jpg

冬休みに入った子供たちが元気よく遊んでいました!!

最近は外で遊んでいる子どもを見かける事が少なくなった気がします。

私が小さい頃は、学校から帰ったら近くの公園に集まって皆で遊んでいました。

たいして遊ぶものもなかったですが、子供ながらに遊びを考えて遊んでいたら、時間を忘れて真っ暗になっていたこともありました。

 

公園で遊んでいる子ども達を見ると、懐かしくなります(*^_^*)

 

 

 

このページの先頭へ

☆イルミネーション☆

[2017.12.26]

今年も残り6日!!

一年経つのが早く感じる今日この頃。

 

クリスマスは終わりましたが、コテージのイルミネーションはまだまだ続いております(*^_^*)

イルミネーション3.jpg     イルミネーション4.jpg

イルミネーション7.jpg     イルミネーション8.jpg         

キラキラ輝くイルミネーションがコテージを華やかにしてしてくれています(*^_^*)

2月まで輝いていますので、見にきて下さ~いヽ(^。^)ノ

 

このページの先頭へ

真っ赤な果実♪

[2017.12.19]

寒い上に風が強いので、より一層寒さを感じます(+o+)

 

今日は【万両】と【千両】のお話です。

 どちらも真っ赤な実をつける冬の低木ですが、違いはなんでしょう~??  まんりょう2.jpg   千両.jpg

           【万両】            【千両】

 ・葉の下側に実をつける。                ・葉の上側に実を付ける

・葉のつき方は互生(茎に互い違いにつく)      ・葉のつき方は対生(1つの茎の節に左右につく) 

 

・ヤブコウジ科                        ・センリョウ科

 

並べてみてみると違いがよく分かります(#^.^#)

 

千両は上向きに実をつけ、万両は垂れ下がって実をつけるので、

≪千両の実は軽い。万両の実は重たい。≫との発想からこの名前になったと言われています。

 

〔花言葉〕

万両⇒固い誓い、慶祝

千両⇒可憐、富貴

 

実際に実物を見て、違いを見比べてみて下さい。(*^_^*)

このページの先頭へ

紅葉とは

[2017.11.28]

11月も残りわずかになりました。

 

私が毎日楽しみにしていることは・・・

モミジの紅葉観察です(#^.^#)

もみじ10月下旬.jpg

 

もみじ(11月末)2.jpg

こんなに緑だったのが、寒くなるにつれて上からどんどん色づいていく・・・

グラデーションのかかり具合が何とも美しい!!

神秘的ですね~(#^.^#)

 

そもそも、どのようにして葉の色が変わるのか?

紅葉は一般的に朝の最低気温が8℃前後より低くなる日があってから、しばらくしてから色づきだします。

色は大まかに分けて、緑・黄・赤とあります。これは葉の中に含まれる色素の違いによるものです。

 

緑色⇒【クロロフィル】・・・光を吸収し二酸化炭素+水を、酸素+炭水化物に換えるためのエネルギーを

                供給している。

黄色⇒【カロチノイド】・・・光からエネルギーを吸収する役割を持ち、そのエネルギーはクロロフィルに運  

                ばれる。

赤色⇒【アントシアニン】・・・熟したリンゴやブドウの皮の赤い色の原因となるもの。

 

これらの成分含有量のバランスにより葉の色の見え方が変わります。

 

冬になるにつれて日照時間が減り、気温も低いことから光合成する率が悪くなります。

気温が低くなるとクロロフィルが分解されてカロチロイドが目立つようになり、黄色になります。

赤く染まる葉は、気温が低下・日が短くなると、葉の根元と枝の間に≪離層≫と呼ばれるコルクのような組織が形成されます。すると、光合成で作られた糖が枝などに届かず、日光を浴びて糖とタンパク質が科学反応し、アントシアニンが作られ赤くなります。

 

赤く染まる事も植物が生きている証なんだと実感しますね~(*^_^*)

このページの先頭へ

☆南天☆

[2017.11.13]

この季節になると真っ赤な実を付けて庭を華やかにする植物の一つが【ナンテン】。

ナンテン.jpg

ナンテンは≪難を転じて福となす≫と昔から言われており、縁起木とされています。

戦国時代には武士の鎧びつにナンテンの葉を収め、出陣の折には枝をさし、勝利を祈りました。

 

今でも祝い事の時には、赤飯にナンテンの葉を添えて食べます。

赤色には【厄除け】の力があると言われたり、ナンテンの葉には【ナンニジン】という成分が含まれており、お赤飯の熱と水分により腐敗を抑える【チアン水素】を発生させるとされています。

 

現代ではナンテンの茎や枝に抗菌力のある【ベルべリン】が含まれていることが証明されています。

 

昔は今みたいに知識や情報が無かったのに、あるものを利用して生きていくすべを見出す。

先人の知恵は素晴らしいものですね。

 

このページの先頭へ

犬のしつけ教室♪

[2017.11.06]

11月3日(金)に長尾総合公園で犬のしつけ教室を実施いたしました(*^_^*)

川西警察犬訓練所の川西先生により、しつけの仕方を教えていただきました。

犬のしつけ教室2.jpg  犬のしつけ教室6.jpg

 

小さい時は甘噛みをするのですが、甘噛みも噛むのと同じことなので【ダメ!!】と教えこまないといけないそうです。

川西先生による実演も見せていただきました(*^_^*)

犬のしつけ教室1.jpg

 

必ず左側について歩くワンちゃん!!さすがです!!

【待て!】と言われたら、次の指令が出るまで動かないし、じっと川西先生の顔を見つめていました。

 

今は犬も家族と考える傾向が強いので、叱ることがかわいそう・・・と、そのまましつけをせずに育てている所も少なくありません。

しかし、飼う以上は最低限しつけをするのが飼い主のマナーだと思います。 誰かにケガをさせてからでは取り返しがつきません。

 

私も9歳になる犬を飼っており、今は老犬になったのでほぼ寝て過ごしていますが、幼犬の時は悪さをして大変でした。初めて飼ったのでしつけ方も自己流で、なかなか言う事を聞かず悩んだ時期が長かったです。

回しつけの仕方を教わり本当に勉強になりました(*^_^*)次回飼う時に活かしたいと思います。

犬のしつけ教室4.jpg

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ