2017年11月アーカイブ

紅葉とは

[2017.11.28]

11月も残りわずかになりました。

 

私が毎日楽しみにしていることは・・・

モミジの紅葉観察です(#^.^#)

もみじ10月下旬.jpg

 

もみじ(11月末)2.jpg

こんなに緑だったのが、寒くなるにつれて上からどんどん色づいていく・・・

グラデーションのかかり具合が何とも美しい!!

神秘的ですね~(#^.^#)

 

そもそも、どのようにして葉の色が変わるのか?

紅葉は一般的に朝の最低気温が8℃前後より低くなる日があってから、しばらくしてから色づきだします。

色は大まかに分けて、緑・黄・赤とあります。これは葉の中に含まれる色素の違いによるものです。

 

緑色⇒【クロロフィル】・・・光を吸収し二酸化炭素+水を、酸素+炭水化物に換えるためのエネルギーを

                供給している。

黄色⇒【カロチノイド】・・・光からエネルギーを吸収する役割を持ち、そのエネルギーはクロロフィルに運  

                ばれる。

赤色⇒【アントシアニン】・・・熟したリンゴやブドウの皮の赤い色の原因となるもの。

 

これらの成分含有量のバランスにより葉の色の見え方が変わります。

 

冬になるにつれて日照時間が減り、気温も低いことから光合成する率が悪くなります。

気温が低くなるとクロロフィルが分解されてカロチロイドが目立つようになり、黄色になります。

赤く染まる葉は、気温が低下・日が短くなると、葉の根元と枝の間に≪離層≫と呼ばれるコルクのような組織が形成されます。すると、光合成で作られた糖が枝などに届かず、日光を浴びて糖とタンパク質が科学反応し、アントシアニンが作られ赤くなります。

 

赤く染まる事も植物が生きている証なんだと実感しますね~(*^_^*)

このページの先頭へ

☆南天☆

[2017.11.13]

この季節になると真っ赤な実を付けて庭を華やかにする植物の一つが【ナンテン】。

ナンテン.jpg

ナンテンは≪難を転じて福となす≫と昔から言われており、縁起木とされています。

戦国時代には武士の鎧びつにナンテンの葉を収め、出陣の折には枝をさし、勝利を祈りました。

 

今でも祝い事の時には、赤飯にナンテンの葉を添えて食べます。

赤色には【厄除け】の力があると言われたり、ナンテンの葉には【ナンニジン】という成分が含まれており、お赤飯の熱と水分により腐敗を抑える【チアン水素】を発生させるとされています。

 

現代ではナンテンの茎や枝に抗菌力のある【ベルべリン】が含まれていることが証明されています。

 

昔は今みたいに知識や情報が無かったのに、あるものを利用して生きていくすべを見出す。

先人の知恵は素晴らしいものですね。

 

このページの先頭へ

犬のしつけ教室♪

[2017.11.06]

11月3日(金)に長尾総合公園で犬のしつけ教室を実施いたしました(*^_^*)

川西警察犬訓練所の川西先生により、しつけの仕方を教えていただきました。

犬のしつけ教室2.jpg  犬のしつけ教室6.jpg

 

小さい時は甘噛みをするのですが、甘噛みも噛むのと同じことなので【ダメ!!】と教えこまないといけないそうです。

川西先生による実演も見せていただきました(*^_^*)

犬のしつけ教室1.jpg

 

必ず左側について歩くワンちゃん!!さすがです!!

【待て!】と言われたら、次の指令が出るまで動かないし、じっと川西先生の顔を見つめていました。

 

今は犬も家族と考える傾向が強いので、叱ることがかわいそう・・・と、そのまましつけをせずに育てている所も少なくありません。

しかし、飼う以上は最低限しつけをするのが飼い主のマナーだと思います。 誰かにケガをさせてからでは取り返しがつきません。

 

私も9歳になる犬を飼っており、今は老犬になったのでほぼ寝て過ごしていますが、幼犬の時は悪さをして大変でした。初めて飼ったのでしつけ方も自己流で、なかなか言う事を聞かず悩んだ時期が長かったです。

回しつけの仕方を教わり本当に勉強になりました(*^_^*)次回飼う時に活かしたいと思います。

犬のしつけ教室4.jpg

 

このページの先頭へ

このアーカイブについて

このページには、2017年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年10月です。

次のアーカイブは2017年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。